4月11日 大阪薫英女学院中学校新1年生 オリエンテーション (施 グリンピア 三木)にて
ピッカピカの1年生59人と楽しく学び合ってきました。

内容
 「どんな仲間・どんな夢」
kun4-3

アイスブレイク ・・・ 隣人の証明

1,自分てどんな人?友だちって何が好きなの?
  ―7つの宝物の木―を完成させながら自分のことを考えました。


 これを元にして「オリジナル 名刺」をつくって 初めての人と交換しました。

*そっと 「お願いします」
*大きな声で 「ねえ、ねえ交換して!」
*交換する声がだんだん大きくなりました。

kun4-42、チーム力発揮
 ストロータワーを創りました。3〜4人組です。それぞれ役割が決まっていき、10分間。
 最高は 69僂任靴拭終了直前にあえなく倒れたり、時間切れだったり。先生チームも
 頑張りました。




3、夢宣言
 昨年に引き続き 「恒例」になっています。
 チームで話し合い、宣言し 全員の前で希望者が宣言しました。
 みんなの宣言を聞いて 最後に「私もいいたい!」と手を挙げてくれるお友達がいました。
 みんな大きな拍手で迎えました。

130分 あっという間でした。
これから薫英女学院でこの夢に向かって一生懸命学び、素敵な友をたくさん作っていってくれることでしょう。印象に残ったのは生徒さんの夢宣言を「嬉しそうに」一生懸命に聴いておられた先生方の姿です。この先生方に囲まれて59名の女学生が育っていくのかと思うと「幸せ感」でいっぱいになりました。

生徒さんの感想
・輪になって隣の子と手を繋いだとき、今までしゃべった事のない子としゃべれた。
・私の夢は音楽関係の仕事に就くこと。発表したいと思ったけど秘密にして頑張りたいと思った。
・ゲームをして友達と前より仲良くなれた。知らない子とも名刺交換できた。
・ストロータワーは協力してやりました。タワーにはならなかったけど仲良くなれた。
・隣人の証明でさまよっていたら「○○ちゃんこっち」と呼んでもらえた時、うれしかった。
・夢を言ったり、聴いたりする事がないので、色んな人の夢が聴けたり、自分の夢が言えてよかった。
・スピーチをみんなに聴いてもらう時、大きな拍手で緊張したけど、うなずいてもらったり、大きな拍手で気持ちよかったです。