「タブレットを使ったプログラミングでロボットを動かす」が、今年(2017年)の9月からはじまりました。
 生徒たちにとって初めての体験になるので、スタートアップ講座からはじまります。

 はじまりなので、すべての受講する生徒がスタートアップ講座を受講します。

 その場で僕が連呼しているセリフはこれです。

   『こんなレベルのロボットで見本を見るんじゃない。
    テキストにみんな書いている。』


 完成品を見てモチベーションをあげてもうため、
 本当に困っている生徒のために、見本を用意しています。

 でも、それを見て作っていては、力がつきません。

   ・テキストを読む力
   ・テキストから読み取る力
   ・テキストから必要なことを探し出す力
   ・発想力
   ・応用力
   ・仲間同士で協力し合う力
    (わからないことをわからないと言い、
      教え方の練習、
      間違って教えていた時に謝る力)

 逆に、テキストを読まないでいると、

   ・テキストは面倒くさいものという思いを持つ
   ・テキストは、せっかく遊びたいのに設問がある嫌なものという思いを持つ
   ・どうせテキストを読まなくても構わないという思いを持つ
   ・テキストに書いていることを知る機会を逃す
    (自分が気づかないこと、
      見本から気づかないこと、
      友達が気づかないこと、
      先生がわざわざ教えてくれないこと)
   ・自分の頭で考えなくなる

ね。あまりよろしくないでしょ?

整った環境で、ロボット作りを楽しみ、チャレンジする経験を無駄にするのはあまりにもったいない。

今はまだ、「答えがある」世界にいるけれど、
勉強しているのは、「答えがない」世界に一人ひとりの生徒が進むためなんです。

がんばれ!!
052018d45872319e09e16bb4f704b29f_s