去る3月13日、14日に認定スクールコーチ養成講座の3日目、4日目を実施いたしました。

■認定スクールコーチ第二期 第4回 3月13日(土曜日)

「スクールコーチング」

 
この日は、青少年との関わりの中で経験は・・・・・・・・自己肯定感、自己効力感を育てる。

ワークやショートコーチングを午前中に行い、午後は実際にスクールコーチが学校に訪れた時の心構えやケーススタディーを全員でディスカッションしました。そして最後には自分がスクールコーチとして、学校関係者に伝えたいレーザートークを1分間発表がありました。

今回の養成講座も折り返し地点を過ぎましたが、みなさん実際に学校で教壇に立っているイメージや生徒たちの中でコーチしている自分を思い描かれているようで、みなさんの熱い思いが伝わってくる1日でした。

担当者:三山泰治


■認定スクールコーチ第二期 第4回 3月14日(日曜日)
「学校知識」「人間の発達」

受講生の皆さんは、明るい雰囲気で、質問が頻繁に飛び交いどんな場面からも学ぼうとする意欲がすばらしかったです。

スタートは大川コーチの自己紹介で、4月より小学校の新一年生となる娘さんの「小学校ってどんなところ?」というかわいらしい素直な質問があったシェアをうけ、「学校はどんなところか6歳の子どもに説明する」というほのぼのとするワークから始まりました。

受講生のお1人が、娘さんの役を自ら引き受けてくださって、娘さんに語っている方も見ている方もつい顔がほころび終始和やかな雰囲気でした。

このように大川コーチから提案されるディスカッションやワークのテーマは、実体験に基づくもので構成され、これまでの関西支部が実施した小学校、高校での授業で実際にあった出来事を織り込んで、受講生のみなさんがSCとして現場に行った際に即座に役立つ情報が満載でした。

担当者:加島祐子